診療時間・受付時間
TEL
@olive eye clinic.com

xxxx

オリーブ眼科クリニック

当院で使用する多焦点レンズmultifocal intraocular lens

木
木

多焦点眼内レンズとはmultifocal intraocular lens

多焦点眼内レンズは目に入ってきた光を距離別に振り分けることによって、二つ以上の距離にピントが合うレンズになります。
大きく分けて、2箇所にピントが合うもの(遠方と近方、遠方と中間距離など)、3箇所にピントが合うもの(遠方と中間距離と近方)焦点深度を広げるものの3種類があります。
多焦点眼内レンズは、白内障手術後にあまりメガネを使いたくない方、メガネを掛けたり外したりしたくない方に向いています。
ただし、手術後に眼鏡を全く必要としなくなるわけではなく、必要によっては眼鏡を使用することもあります。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの違い

単焦点眼内レンズは1箇所に焦点が合うレンズです。
例えば遠方を見やすいように焦点を合わせると、手元の新聞や携帯電話の画面などがぼやけて見えるため、手術後に老眼鏡をかける必要があります。
反対に近くに焦点を合わせる場合は、遠方を見るためのメガネが必要です。単焦点眼内レンズは健康保険が適用されます。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの違い

多焦点眼内レンズのメリット・デメリット

メリット
  • 遠くも近くもある程度見えます
    目の中に入る光を遠くと近くに分散するため、鮮明さは単焦点レンズに劣りますが、 遠くも近くもある程度見えるようになります。人によっては全く眼鏡が要らなくなる場合もあります
  • 眼鏡をかける頻度が下がります。
    よくスポーツをされる方、お仕事や日常生活の中で眼鏡をかけていて不自由を感じる機会が多い方にとっては、満足度が高くなる可能性が高まります。
デメリット
  • レンズ代は自己負担となります
    選定療養が適用のレンズであっても眼内レンズ料金は自己負担になるため、手術費用がやや高額になります。
  • 見え方の質は単焦点眼内レンズにやや劣ります
    多焦点眼内レンズは遠くも近くも1枚のレンズで見ようとするため、ピンポイントの見え方の質に関しては単焦点眼内レンズにやや劣ります。そのため、非常に繊細な近見作業が必要なお仕事の方や、色彩感覚がお仕事に影響される方などの場合は、保険適応の単焦点レンズの方が適していることもあります。
  • ハロー・グレア
    強い光源を見た場合に強い光をまぶしく感じたり(グレア)、光の周辺に輪がかかって見えたり(ハロー)することがあります。個人差はありますが手術後の時間の経過とともに慣れてくるといわれています。

    ハロー・グレア


    多焦点眼内レンズでは、夜間にハロー・グレア現象が生じます。ハローとは光のまわりに輪がかかったように光が見える事をいい、グレアは光が花火のように見える現象です。この現象は、瞳孔が大きくなっている状態(薄暗い所、暗いところ)で多く生じます。このため、夜間の車の運転時に気になる方が時にいらっしゃいます。多くの方はこの現象を感じることはあっても、生活や仕事に影響するような程度になることは少ないです。また手術後、時間経過と共に気にならなくなる方がほとんどですが、中には時間が経過してもどうしても気になる方もいらっしゃいます。
    職業がドライバーの方で特に夜間の運転が多い方は、慎重に多焦点眼内レンズをご検討されることをお勧めします。

当院で使用する多焦点レンズ

近見の
焦点距離
ハロー・グレア 特性
テクニス
シンフォニー
40cm〜50cm かなり少ない テクニスシンフォニー
遠方から中間距離(50cm程度まで)が見やすいレンズです。
2焦点レンズの弱点であるハロー・グレアが軽減され、見え方の質も向上していますが、その分近方の視力が弱くなることがあります。
屋外で過ごしたり、遠方を見る機会の多い方にお勧めです。
テクニス
シナジー
約30cm 少ない テクニスシナジー
遠方から近方35㎝までの距離に連続的に焦点が合う連続焦点レンズです。
遠方から近方まで視力が低下しにくく、眼鏡に頼る頻度は最も少なくなります。
ハロー・グレア現象はそれなりにありますが、数ヶ月で慣れることが多いです。
テクニスマルチ
フォーカル
30cm〜50cm あり テクニスマルチフォーカル
遠方と近方にピントがあう最もスタンダードな2焦点レンズです。
ハロー・グレア現象は出やすいので、夜間ライトの影響で長距離運転が疲れることがあります。
夜間に活動する事が少ない方、読書や編み物が趣味の方にお勧めです。

患者様へ:多焦点眼内レンズを使用する白内障手術の選定療養に関するお知らせ

焦点眼内レンズを使用する白内障手術の選定療養に関するお知らせ

※クリックすると別ウィンドウで開きます。

pagetop